タイトル通り、のっぽさんみたいに紙一枚を細工すれば、ほら、できあがりー。

 

ということではありません。はり紙の事です。

費用対効果の高い情報セキュリティ対策だと思います。

たとえば、「火の用心」だとか、「注意一秒怪我一生」だとかの標語やポスターは、それなりの高い対策を期待できると思いませんか。

 

例えばこんな標語はどうでしょうか?

「USBとは、U:ウイルススキャン S:してないと B:バカをみる」

「その印刷物、墓場まで責任もって管理するなら印刷してもいいよ」

「その情報、あなたのものですか?みんなのものですか?」

 

定期的に張り紙しておいたり、差し替えたりしても、ほとんどコストはかかりません。

最近、デスクワークでも指差し確認を取り入れている企業があると聞きました。

 

アナログなものは心に刻み込まれ、案外効果があるものなのかもしれませんね。

 

「三つ子の魂百まで」

若い人が多い職場なら逆に、デジタルゲーム感覚の方が効果あるかも。

メールで、”ウイルス対策の呪文をかけましょう”とかね。