2012年06月22日 /  Java  

【Java】O/Rマッピング

みなさんは、『O/Rマッピング』という言葉を聞いたことはあるでしょうか?

 

アプリケーション開発する場合に、データベースへの接続は必須となることが多いです。

そこで登場するのが『O/Rマッピング』です。

 

O/Rマッピングとは、Java側の「オブジェクト」とデータベース側の「リレーショナルデータベース」を対応付ける技術です。

 

利用するメリットとして以下を挙げることができます。

・SQL文などを直接ソースコードに実装する必要がなくなる

・データベース操作に必要な作業を軽減できる

などなど

 

実際に体験して頂けると、今までの苦労は・・・と思うかもしれません。

 

O/Rマッピングを提供しているツールもいくつかありますので、是非、検討してみてください。

Java 7で新たに追加された機能を紹介したいと思います。

 

これまで、swtich文で評価できるのはint型ないしはenum型だったのですが、

Java 7からは文字列も評価できるようになりました。

 

使い方は以下のようになります。

 

    public static void main(String[] args) {
        String str = "john";
        switch (str) {
            case "yoko" :
                System.out.println(str + " ono");
                break;
            case "john" :
                System.out.println(str + " lennon");
                break;
            default :
                System.out.println("imagine");
    }

 

    // 実行結果
    john lennon

 

今までは文字列の判定はif文でしか出来なかったため、

条件によっては1行のコード量がやたら長くなってしまう場合もありました。

switch文の使用頻度もif文に比べると少なかったように思います。

 

Java 7を境にswitch文で条件判定を行うコードが増えてくるかもしれません。