2012年06月22日 /  Java  

【Java】O/Rマッピング

みなさんは、『O/Rマッピング』という言葉を聞いたことはあるでしょうか?

 

アプリケーション開発する場合に、データベースへの接続は必須となることが多いです。

そこで登場するのが『O/Rマッピング』です。

 

O/Rマッピングとは、Java側の「オブジェクト」とデータベース側の「リレーショナルデータベース」を対応付ける技術です。

 

利用するメリットとして以下を挙げることができます。

・SQL文などを直接ソースコードに実装する必要がなくなる

・データベース操作に必要な作業を軽減できる

などなど

 

実際に体験して頂けると、今までの苦労は・・・と思うかもしれません。

 

O/Rマッピングを提供しているツールもいくつかありますので、是非、検討してみてください。

Java 7で新たに追加された機能を紹介したいと思います。

 

これまで、swtich文で評価できるのはint型ないしはenum型だったのですが、

Java 7からは文字列も評価できるようになりました。

 

使い方は以下のようになります。

 

    public static void main(String[] args) {
        String str = "john";
        switch (str) {
            case "yoko" :
                System.out.println(str + " ono");
                break;
            case "john" :
                System.out.println(str + " lennon");
                break;
            default :
                System.out.println("imagine");
    }

 

    // 実行結果
    john lennon

 

今までは文字列の判定はif文でしか出来なかったため、

条件によっては1行のコード量がやたら長くなってしまう場合もありました。

switch文の使用頻度もif文に比べると少なかったように思います。

 

Java 7を境にswitch文で条件判定を行うコードが増えてくるかもしれません。

タイトル通り、のっぽさんみたいに紙一枚を細工すれば、ほら、できあがりー。

 

ということではありません。はり紙の事です。

費用対効果の高い情報セキュリティ対策だと思います。

たとえば、「火の用心」だとか、「注意一秒怪我一生」だとかの標語やポスターは、それなりの高い対策を期待できると思いませんか。

 

例えばこんな標語はどうでしょうか?

「USBとは、U:ウイルススキャン S:してないと B:バカをみる」

「その印刷物、墓場まで責任もって管理するなら印刷してもいいよ」

「その情報、あなたのものですか?みんなのものですか?」

 

定期的に張り紙しておいたり、差し替えたりしても、ほとんどコストはかかりません。

最近、デスクワークでも指差し確認を取り入れている企業があると聞きました。

 

アナログなものは心に刻み込まれ、案外効果があるものなのかもしれませんね。

 

「三つ子の魂百まで」

若い人が多い職場なら逆に、デジタルゲーム感覚の方が効果あるかも。

メールで、”ウイルス対策の呪文をかけましょう”とかね。

2012年06月06日 /  その他  

私の朝

4時頃に起きます

何故そんな早い時間かといえば

新聞が届くからです

新聞に一通り目を通すと

テレビをつけてニュースなどをしばらく見ます

それから父の朝食の用意をして自分も朝食をとります

冬ならまだ暗い時間ですが、もう今は明るくなっています

次に ダメ犬に 餌をやり散歩に連れていきます。

それが終わると今度は田んぼに行って水管理です。

今朝はちょっと異常なことを発見しました

いたち系の小動物(たぶんハクビシンかな?)が

田んぼの中を歩いたようで足跡があちこちに・・・

苗を踏まれると大変ですが、今回は器用に苗を避けて

歩いてましたから助かりました。

それが終わると畑に行って作物に水をやります。

そんなに暑くなくても汗が出てきます。

これが毎日の日課でそれから花を摘んで会社に出

てきます。 朝が早いので健康には良いかなと思っています