2015年06月02日 /  ブログ  

了解より承知

ビジネスマナーで気をつけたい 了解 という言葉

目上(顧客)の人にはNG。

基本的に了解という言葉は、目上の人に対しては用いないほうが

よいという意見が多い。

了解という言葉はうえから相手を見て許す場合に使う言葉。

了解は本来上位の権限をもつ者が許可を与える意味がある。

目上にあたる相手に了解しましたは失礼にあたる。

ビジネスマナー研修では 承知 を使うように指導されている。